スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと必要とされるひと―100歳の現役サラリーマン―

日経ビジネスオンラインに、タイトルの記事があった。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20130507/247658/?n_cid=nbpnbo_leaf_kbn

100歳でも、神奈川から現役で神田に通勤されている福井福太郎さん(本名ぽいです)の記事。
普段から不動産関連の情報に触れている関係で、どうしても脱サラだの、自由だのの言葉に触れることが多い時分ですが、非常に共感しました。


福福さん((笑))の言葉を引用します。

 「僕は、元気な間は、人間はずっと働かなきゃいけないと思っているんです。だって、動物は、死ぬまで自分の力で食料を調達して生きていますよね。人間も動物の一種なんだから、生きるために、死ぬまで働かなきゃいけないものなんじゃないかな。
 たとえば象は、死期を感じると群れを離れていくそうですよ。でも、それまでは自分で食べ物を見つけながら生きている。猫も、死期が近づくと、姿を隠すとよく言われるよね。飼い猫は別だけど、野生の猫はそれまでは自分で生きている。だから、象や猫と同じように動物である人間だって、死ぬまで働くというのは、当然の行為なんじゃないかな。
そもそも、働くという字は、「人」が「動く」と書くでしょう。太古の原始人というのは、誰もが自分で動いて、生きるために食べ物を採ったんだろうね。それは、今の人間にもずっと備わっている本能なんじゃないかな。
 だから、動物がそうであるように、人間というのは一生、生きるために働く存在だと思うんです。人間も動物なのだから。僕は生きの延びることに対する本能が強いから、働いているんだと思う。気楽でのん気だから、僕は続けられたのかもしれないね」

働く、の意味の定義もいろいろとあると思いますが、単にサラリーをもらうという意味ではなく、自分で自分が食べて行ける分だけ、その分社会で何かしらの役割を持ち人に必要とされていくと言う意味だと思います。
スポンサーサイト

ランキングに登録しました

漸くブログランキングに登録しました。これで形だけは整った様な…。
何と言うか、成功した時の気持ちをバナーで表現してみました。
(ネットで拾って来た映像で、私ではありません!!)

後は中身を充実させれる様に励みます。

banner.gif

みちお

相続

耐震診断の話をメールした、管理会社の担当者からは3日経ちますがメールがありません。

多分、新年早々重たいメールが来て面倒くさがっているのだと思います。

さて、我が家の家系は正直なところ、困った状況に出くわすことが多いです。

これは親戚そのもののから引き起こされる、人災です。

もしかしたら、我が家系だけではないのかもしれません。

祖母が訳のわからない訪問販売で二束三文の高額の商品を購入してしまったり、
骨折して寝たきりになりったり、
多重債務者となり会社を辞めて家庭が崩壊したり、
原因不明の自殺者があったり、
言われるがままにマンション投資をして破産したり、
4浪中(医学部志望ではありません)の浪人生がいたり、
結婚したばかりでちょっと仕事が嫌になっただけで自殺を図ったり、
出会い系の女性にのめりこんで会社の金に手を付けて辞めさせられたり、
すぐに離婚して別の女性と結婚したり(ま、これは個人の自由と思いますが)、
既婚の男との間で子が出来おろす羽目になったり、
配偶者が若くして死亡したり・・・

一通りの不幸のメニューが揃っております(自分もマンガおたくですが)。これはすべて、祖父母叔父叔母従妹兄妹、この近しい範囲の親戚の中で起きている出来事です。

従妹以上の年齢の者達は、もうほとんど結婚しても良い時期を迎え終えているのですが、普通に結婚をして体も健康、まじめに働いて何もトラブルを起こしていないものはほとんどいない、と言ってもいいかもしれません。

そんな中、ややこしいことに実家の土地の名義人である祖父と建物の名義人である父は他界しており、今は母が祖母の面倒を見ながら妹と暮らしています。

高齢でいつおきても、と思っていましたが祖母の体調が悪くなっている様です。
この様な親戚たちですから、簡単に実家の相続の権利関係の整理が上手く行くとは思えません。
何不自由していない経済状況にいる者は、幾分想像が入りますが、おりません。

この様な状況ですから、そのままでは祖母が他界した場合にカオスになると考え、父が他界した時、祖母に依頼し遺言書を書いてもらいました。遺言内容は当然指示はしませんでしたが、僕と弟に家を継がせるとの主旨です。おそらく何かあった場合は、自分が父の代わりに叔父叔母の相続関係を纏める事になります。

奇しくも、これまた不動産に繋がるです。

ばあちゃん、こちらから話を纏める自信があまりありません。
日本に戻る2年弱、何とか持ちこたえてください…。

ブログを書く目的

今まで、色々な方のブログを見て勉強させてもらってきました。
少しでもアウトプットしなければ、自分の考えがまとまらないと思ったのが主たる目的です。

色々経験を積まれた方がいる中で、ど素人の自分しか発信できない不動産関連の情報や経験はありませんし、
特にユーモアも、ネタになる失敗例すら特にないです(イマイチな、、、あちゃちゃな物件ではあるかもしれませんが)。

自分が何をしているのかを、確り確認しながら進めていきたいです。

今は会社に大して必要な時間を割く以外は、ほとんど不動産関連のブログを読んだり、考え事をしています。
家族の其々のステージに照らし合わせながら。5年後、10年後、15年後、子供が成長してそれぞれ妻と自分が年を経た時、仕事はどうなっているのか。このまま返済が進んでいって、資金が貯まっていったら、もっと万全を期して今の借入金を返済した方がいいのか。それとも、また小ぶりの物件を現金買した方がいいのか。50%くらいの借入比率ならば、融資を受けた方がいいのか…。今は、まだ大きい税金と申告の数字を確り経験をもって出来ていないですし、2年後に市況や金利、自分の家族の状況(妻が就職するかなど)がどうなっているか分らないのでなんとも言えないです。

でも、、、不動産のことを色々な方とお話したい・・・。毎日考えていると、本当にそういう気持ちになります。ただ、海外なので会に参加する事も出来ず、今はひたすら自己資金を貯めるしかない毎日です。もどかしいです。

日記:今日・昨日は久々に土日に予定がなかったので、嫁と子供とスカイプをしました。
息子が動いているのを久々に見れて、なんとも言えない気持ちになります。
彼が大きくなるまでには、もっと時間と気持ちに余裕を持って一緒に向き合いたいなと。
プロフィール

みちお

Author:みちお
ミチオのブログへようこそ~。安全・安心・ゆっくりに不動産中心にやってくブログです。見てもあまりノウハウとかはありませんー とりあえず、自分の考えを纏める為に、続ける事を目標にしまする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。