スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住生活基本計画(国土交通省)

備忘の為、今後読んだ資料やブログで自分が学んだ事をエッセンスと感想だけでも書いていこうと思います。

あまり確りやると続かないので、出来る範囲でやって行こうと思いまする。

「国土交通省 住生活基本計画」…2006年に策定され、10年間の間に実行される政策で、下記が骨子?


1..中古住宅市場の活性化
 →「住宅を作っては壊す社会から、いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う社会への移行」

2.消費者保護

3.住宅セーフティネットの構築
 → 「自力では適切な住宅を確保することが困難な者に対するセーフティネットの構築」

その為の具体的な政策として、①耐震化の促進②ユニバーサルデザイン化(高齢者などにやさしいバリアフリーとか?)③老朽化したマンションの再生(リフォーム比率の向上、共同住宅の長期修繕計画の策定率向上)などが挙げられています。


「国土交通省 住生活基本計画」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/jyuseikatsu/hyodai.html

尚、誘導居住面積水準、最低居住面積水準(難しい…)という概念が出てきており、それぞれ下記のとおりとなっています。

誘導居住面積水準:(1)一般型誘導居住面積水準
           ①単身者55m2
②2人以上の世帯 25m2×世帯人数+ 25m2
(2)都市居住型誘導居住面積水準
           ①単身者40m2
②2人以上の世帯 20m2×世帯人数+15m2
最低居住面積水準:(1)単身者25m2、(2)2人以上の世帯10m2 × 世帯人数+ 10m2

※注釈)本文中に、子供の換算比率などの細かい条件記載あり。

40m2,ワンルーム規制の25m2 など、見覚えのある数字が出てきたので、この法律を元に、固定資産税等々の緩和や住宅ローンの所得税還付、自治体の規制が入っているという認識でOk でしょうか?きっとそうなんだと思います。

参考:「国土交通省 住生活基本計画」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/jyuseikatsu/hyodai.html

まあ、何れにしても頭に入れておいた方がよい法律っぽいかんじでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちお

Author:みちお
ミチオのブログへようこそ~。安全・安心・ゆっくりに不動産中心にやってくブログです。見てもあまりノウハウとかはありませんー とりあえず、自分の考えを纏める為に、続ける事を目標にしまする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。