スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理への挑戦

今年、以前書きました様に、自宅を含めて区分3つで不動産賃貸業(小家業?不動産投資?苦労所得?)を始めました。その時点で、主として今後つぶすべき下記の課題がありました。

1.募集
 ①家賃12~3万の「旧耐震物件」
 ②家賃3万程のワンルームである自称「実験室」
 取急ぎの最優先事項として、上記2物件の空室埋めです。これは諸々ありましたが、旧耐震物件は9月入居で家賃発生、実験室も10月途中入居の12月家賃発生と、何とか軌道に乗る事が出来ました。
 
2.確定申告
 ラフな計算はしましたが、特に実務的な手続きや知識の確認です。これは年末に嫁とじっくりやる予定。

3.マンション管理
 賃貸管理及び全体管理です。特に旧耐震物件。こちらは、同程度のスペックの物件が1500万~1700万で売りに出されているのを確認し、1300万弱程で然程深い考えなしに購入しました。ただ、漠然と所有物件のバリエーションに幅を持たせたかった為、旧耐震で築古であることを飲んだ形にしました。空室が終わった今、これからはこのマンション全体の管理状態を把握し、本物件の価値向上及び自分が同程度の一棟物を所有した場合の経験に充てたいと思っています。

一先ず、現状把握をすべく、先日売買契約時の重要事項説明を改めて読み、本物件の全体管理を行っている管理会社に総会時の議事録請求をしました。電話口で話した限りでは、耐震診断及び耐震補強の具体的な話は特に出ていないとの事です。恐らく30年以上前の分譲時から住まわれている方も多く、あまり管理に意識が行っていない可能性もあります。恐らく、実際に費用負担が発生する形での耐震関連の意思決定は、数年単位の時間が掛るものと想像しています。爆弾を抱えている様なものですので、理事会の方々・管理会社の方々とコミュニケーションを開始し、一所有者として一緒に考えさせて頂きたい、協力させて頂きたいというスタンスでまずは話を始めたいと考えています。

私は何の経験もありません。そして体すら今、日本にはおけていません。この状態でどれほど有益なお手伝いが理事会に対して出来るか分りませんが、もし今ただ問題を放置されているだけであれば、一緒に勉強していくところから相互の共通利益になる形でいくらでも良くしていくことが出来るのではないかと思っています。

やり手の理事の方がいらっしゃればいいのですが、もしいたとしたら…耐震診断の話が何も出て来ていないという事はないと思います。残念ながら。

ということで、今後は理事会、マンション管理関係のトピックで更新が多くなっていくと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みちおさん、

資産価値でいうと
もしかしたら(頑丈そうならというカン)
耐震診断してお金かけて
補強までやったほうが
売却時に得するかもしれません。
というように思うようにしています(なんのこっちゃ)

もやもやの状態だと買い叩かれるというか
土俵にのぼりづらいと感じるさっこんです。

ミーの帝都区分もいったいぜんたいどうなることやらです。
診断は義務みたいなので遅かれやるようですが

No title

たろうさん、

同感です!大規模な地震発生時のもちろん入居者様のことも安全面のこともありますし、何より売却を想定した際に結局は耐震補強まで行っておいた方が売却価格に反映されるものと考えています。

築古では、今後亡くなられたり相続などで売却が逐次発生すると思いますので(そういう今の物件も業者に相続で買いたたかれ、私に転売されたと想像しています)、現所有者の方々の資産価値向上にも有益とは思いますが・・・。ぽっと出の住んでもいない所有者の話をどこまで聞いて頂けるかが、ちょっと見えないところではあります。気長に根気強く話をするつもりで始めたいと思っています。
プロフィール

みちお

Author:みちお
ミチオのブログへようこそ~。安全・安心・ゆっくりに不動産中心にやってくブログです。見てもあまりノウハウとかはありませんー とりあえず、自分の考えを纏める為に、続ける事を目標にしまする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。